Entry: main  << >>
WiiのVC(ヴァーチャルコンピューター)について
0
    ネットサーフィンをしていて、WiiのVC(ヴァーチャルコンピューター)でMSXのソフトが動くと言うニュースを見つけ、興味を惹かれました。

    コンピューターの世界では今、仮想化がトレンドになっています。

    自宅のマシンではWindows上でVMWareが、Linux上でXenが動いていて、OS上で異なるOS環境が稼動しています。
    仕事で使っているパソコンでもWindowsXP上でヴァーチャルPCを動かして、古いカード型データベースを稼動させています。このデータベースはシステム領域を頻繁に書き換えるためユーザーにはアドミニストレーター権限が必要であり、アクティブディレクトリ環境ではセキュリティ上の問題がありました。XP上に閉じたWindows2000環境を作り、そこでデータベースを稼動させているのです。

    家の子供が今、プレイステーション3の例の戦闘ゲームにはまっていて、Wiiが遊んでいたのをいいことに、取上げてメインの37インチ液晶テレビにつなげ、インターネットにも接続しました。

    コンビニでプリペイドのポイントを購入し、受け取ったカードの番号を入力してポイントを登録し、早速、ファミリーコンピューターの「ゼビウス」をダウンロード購入しました。
    購入はあっけなく済み、なつかしのオープニング画面が出てきました。
    操作方法に若干戸惑いましたが、シュミレーションは完璧。
    以前、他のゲーム機用のシュミレーターで「ゼビウス」を遊んだときは負荷によって反応速度が変ったり、描画が追いつかなかったりと、まったく使い物にならなかったのですが、これは完全にファミコンの「ゼビウス」と同じ軽快な動作が再現されています。

    調子に乗って麻雀ゲームやその他、いろいろなソフトをオンライン購入してしまいました。
    VC向けのゲームは大体1500円や1000円以下で、起動も素早く、これは快適ですね。
    さらに懐かしの8ビットパソコンで遊んだ「ロードランナー」や「The Castle」、アーケード版の「スペースインベーダー」や「ブロック崩し」「ピンポンゲーム」などもあるといいと思います。
    | 遊児 | 13:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    ロードランナーはVCのファミコンのゲームにありました。
    Posted by: 遊児 |at: 2008/06/27 2:25 PM








    Trackback

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode