Entry: main  << >>
ギターを買ってもらいました
0
    ついにギターを買ってもらいました。

    一緒に楽器屋に行き、事前に当たりを付けていたあたりからEPIPHONEのALLEYKATというセミアコースティックのエレキギターを選びました。
    EPIPHONE Alleykat
    その店では勝手にギターに触れないので、店員さんに「弾いてもいいですか?」と聞くと、すぐさまチューニングしてくれて、アンプにつないでくれました。
    もちろん、誰もが聞きほれるほどうまくはないので、ちょっと恥ずかしい気分と、新しいおもちゃに触る子供のような気分で、指が震えました。

    少しフレットの厚さがあるような気がしましたが、幅は十分に広く、以前買ったフォークギターでは弦の間隔が狭く、ブリッジも高かったのでミスタッチが多かったのですが、何とかなりそうです。

    色は少し赤みがかったヘリテイジチェリーのサンバーン。
    二つのfホールが開けられたボディにはギブソンUSAと印刷されたシールに保護されたピックアップが二つ。

    即決で購入しました。

    家に持ち帰り、何日か弾いてますが、とても気に入っています。

    ところで、セミアコってやっぱりハウリングするのでしょうか?
    今日、ネットで「酷い」と書かれているのを見て、少し不安です。
    | 遊児 | 17:25 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    自己レスです。

    その後、久しぶりにこのギターについて調べたら、一般のセミアコよりも小ぶりなボディサイズとなっており、ほとんどハウリングはしないとのことで、安心しました。

    そのとき分ったのですが、EPIPHONEは韓国のメーカーだったんですね。
    Posted by: 遊児 |at: 2008/06/27 12:41 PM
    2008年の記事ヘのコメントとなってますが、まだAlleykat(アレイキャット/野良猫/俗語)おつかいになってますか?そのギターは希少で、生産中止となりアメリカでは人気が高いんです。Alleykatは日本ではあまり知られていません。同じようようなモデルでシングルピックアップのWildkatというのもありますが、Alleykatはミニハンバッカーと普通のハンバッカーの組み合わせで、スイッチの設定が機能的で驚くような色んな音色を発生します。とくにミニハッバカーの音が太いのが特長です。僕のお気に入りのギターなので仕事で頻繁に使っています。ちなみに韓国製はアメリカでは評価が高く、日本ではどうこう云われていますが、ギターは同じものは1本もなく、演奏者にとって、どこで生産されたかは重要ではなく、音色が重要です。また値段でもありません。いいかえれば100万円クラスのギターは素材が高級なだけともいえます。楽器は使いやすさも含め、自分の感覚で判断することだといえます。
    Posted by: KT-MaNdA |at: 2016/02/15 9:06 AM
    コメントありがとうございます。
    Alleykatまだ持っています。
    最近弾いていなかったのですが、福祉施設を慰問するライブの予定があり、選曲を見て、ほとんどがこのギターを使って演奏することにして、練習しています。
    非常に弾きやすく、音もいいですよ。
    Posted by: 遊児 |at: 2016/02/16 5:04 PM








    Trackback

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode