Entry: main  << >>
ギターのリペア
0
    JUGEMテーマ:音楽
    愛用していたクラフターというメーカのエレアコ(エレクトリック・アコースティックギター)が突然、ノイズを出し始めた。
    スタジオが暑かったので、もしかしたら汗がヘッドアンプ部にかかったかもしれない。

    このギターはボディが樹脂製で、一般的なフォークギターより小ぶりで薄い。生音もそこそこ出るが、やはりアンプを通した時の音が方が良い。
    ギターを買った渋谷のハートマンギターに持ち込み、修理を依頼した。

    結局、ヘッドアンプの交換となり、併せてネックの反りとねじれを調整してもらい、ギグバッグのチャックが壊れたのでこれも取り換えた結果、2万円強の支払いとなった。
    今後は、使用後にペグ1回分を緩めるように注意された。
    今まではオクターブ以上下げていたりしたのだが、細いが緩めるたびに切れるので、放っておいたらネックがねじれてしまったらしい。
    店の入り口にはその値段以下のギターが並べてあったが、やはりマイギターとなると愛着があって、手放しがたい。

    店での試奏では問題なかったが、家に帰って弾き込むと、何だか音が割れているような気がする。
    弦が全て取り換えられていて、ブロンズワンドの恐らくライトゲージになっていて、そのがまだ枯れていないせいだと思うが、ヘッドアンプを交換しているので特性が変わったのかもしれない。
    なんとなく、ちゃらちゃらした音だ。
    ネックの反りが治って、高音部でも弾きやすく、こちらは大満足。
    | 遊児 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode