Entry: main  << >>
スマホdeチェキ
0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    富士フィルムのスマホdeチェキを購入。
    電池駆動式の携帯できるサイズの写真プリンターで、スマートホンで撮影した画像を無線LAN経由で転送して、富士フィルムの安価なインスタント写真チェキ用のフィルムに印刷することができる。

    今度の帰省で、スマートホンで撮影した写真を、その場であげたら受けると思った。
    昔、ポラロイドを使っていたこともあったが、失敗が多く、コストも高くて、使わなくなっていた。
    最近は写真はもっぱらスマートホンで撮影し、見るのはスマホやパソコンの画面か、デジタルフォトスタンドで、あまりしないが、家のテレビやブルーレイレコーダーにはSDカードを読み取る機能があり、そこに入れればテレビの大画面でも写真を見ることができる。もちろん、カラープリンタから光沢紙に出力すればプリントもできるが、ほとんど写真をプリントするということをしなくなっていた。

    スマホdeチェキが気に入ったのは電池で駆動でき、旅行先であってもその場でスマホから撮影した画像をプリントできるというところだ。一式でインスタントカメラが構成でき、しかもスマホ上で写真を確認できるので失敗が少ない。さらに、スマホから再プリントすれば同じ写真を何枚もプリントできる。スマホdeチェキ自身にも再プリントボタンが付いていて最後にプリントした写真を何枚でもプリントできる。写っている人数分プリントして配れば思い出をシェアできるというわけだ。
    もちろんスマホで撮影するのだからスマホ内に画像が残り、スマホからクラウドに自動的にアップロードするように設定してあるので、ネット環境があればいつでもどこでも写真を見ることができるのだが、それでもその場でプリントされる楽しさは格別だ。

    気になるコストは、電池がカメラ用のCR2という一つ500円ほどのものを二つ使って100枚ほどプリントでき、専用フィルムが10枚1パックで700円程度だから、一枚の撮影単価は電池が10円、フィルムが70円で、80円程度となる(ネットではCR2の安いものは400円以下、フィルムも600円ぐらいからある)。
    フィルムや電池の残量は本体上部のLEDの数で分かるようになっている。

    画質についてはピントが甘いとか、白飛び、黒つぶれするなどのネット情報があって、ちょっと心配していたが、自然な肌色が出ていて赤くも青くもなく、コントラストもしっかり出ていて、インスタント写真としては申し分ない。情報によると本来もっと高精細なプリントができるようだが、スマホのアプリの中でインスタント写真的な味付けをわざとしているとのこと、そうした画質が欲しければ今後のアプリのアップデートに期待しよう(といっても今年2月の発売以来半年が経過してもまだバージョンアップはないようだ)。

    スマホの専用アプリには逆光を補正するインテリジェントフィルターとセピア、モノクロのフィルターがある。また、印画面にコメントや撮影情報を入れるフレームが何種類か付属している。
    スマホからプリントすると、スマホdeチェキの上部のLEDインジケーターがキラキラと点滅し、じわーっという感じでフィルムが排出され、見ているだけでワクワクする。
    チェキフィルムの印画面は始め真っ白で、次第に画像が浮かび上がって来る。
    ネット情報では5年前のチェキ写真がほとんど色褪せせず、コンビニプリント写真は色褪せしたそうだ。そういえば家の冷蔵庫に貼り付けてある写真もインスタント写真はほとんど色褪せていない。

    別売りのACアダプターもあるようだが、出先で使うことがメイン(家ならカラープリンタから出力する)なのでパス。CR2電池とチェキフィルムはコンビニにはなさそうだが、電気屋かカメラ屋にはありそうなので、入手に困ることはないだろう。
    | 遊児 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode