Entry: main  << >>
スマートホンを買った
0
    前から欲しかったのだが、決めかねていたスマートホンを思い切って購入した。
    機種はサムソン製のGalaxy S2。
    発売日の2011年6月23日にドコモショップへ行くと在庫があるというので、即購入。それまで使っていたシャープ製の携帯電話の電話帳をマイクロSDカードに落とし、SIMカードを抜いて差し替え、マイクロSDカードから電話帳を読み込んで機種変完了。
    メールのメッセージは移行できないとのことで、確認用に古い電話を返してくれた。

    すぐ隣の家電量販店で角と背面をガードするソフトカバーを購入。

    メールのアプリはGoogleのアカウントが必要とのことで、自分でセットアップなければならない。Googleのアカウントは持っていたので、サクッとセットアップしたのだが、いろいろなアプリを同時にダウンロードしたのが悪かったのか、どうしてもDocomoの回線につながらない。
    よく見ると一瞬インストール中の画面が出てきてから接続失敗のメッセージが出るので、インストールが終っていないようだった。
    設定をいろいろといじくっていると、WIFI(無線LAN)経由でも接続できるとのことでとりあえず、WIFI接続を設定し、無事初メールを発信できた。そのままではWIFIの範囲外ではメールの送受信ができないので翌日Docomoに行くことにして、その日は寝た。

    たくさんのパスワードを入力したので、全部覚えているか不安だ。
    翌朝確認すると、Docomo経由でのメール接続ができるようになっていた。アプリのセットアップにやたら時間がかかっていただけなのかもしれない。

    分らなかったのが音楽プレーヤーに楽曲データを登録するやり方で、iTunesやらWindows Media Playerの完全おまかせモードに慣れていて実体がどこにあるか意識しないようになっていた。方法はUSBケーブルでパソコンに接続し、スマートホン本体をUSBデバイスモードに設定して、パソコンからUSBストレージデバイスとして認識させ、SDカード内に「MUSIC」というフォルダを手動で作成し、そこにパソコンからフォルダ単位で登録する、と言うもの。再生できるフォーマットはWMAとMP3のみで、iTunesの楽曲(AACフォーマット)をそのまま転送しても再生されない。iTunes内で「インポート」することでMP3に変換できるようだが、ダウンロード購入した「保護されている」AACフォーマットは変換できないとのこと。
    以前から使っているソニー製の4,000円強のインナイヤーヘッドホンで聞くと、素直な音で低音もしっかり聞こえる。イコライザーの変更などいろいろと機能があるが、シャッフルのしかたが分らない。もしかしたらシャッフル機能はないのかもしれない。

    用事で横浜に行ったついでに、ヨドバシカメラでBluetoothの片耳ヘッドセットとキーボードを購入。
    ヘッドセットはセットアップ料1,000円也を支払ってセットアップしてもらい、要領がわかったので、キーボードは自分でセットアップすることにしたが、これがどうしてもペアリングしない。
    Androidで使えることを店員さんに確認して買ったのだが、よく調べるとそのキーボードTK-FBP017EBKはiPhone専用でHIDというモードしかサポートせず、AndroidはSPPモードが必要とのことで、即行で取替えに行くと、差額2,000円弱で気持ちよくTK-FBP017BKに交換してくれ、その場でペアリングやIMEの切換え、キーボードの切換えを行って無事入力ができるところまでサポートしてくれた。さすが「商品知識ナンバーワン」を謳うだけのことはある。

    無事使えるようになった折りたたみ式のBluetoothキーボードだが、Enterキーが小さく毎回[「]のキーを叩いてしまう。ちょっと慣れが必要だ。かな漢字変換の入力モードの切換えが良く分らず、英字入力モードになったまま戻せなくなった(左上の切換キーが反応せず、結局全ての電源を入れなおして復帰した)。
    スマートホンを乗せる折りたたみ式の台がキーボード裏に収納されているのだが、これが最後のところで引っかかってバカぢからを出さないと出てこない。しまうときもあちこち引っかかって折れそうになる。きっと、近いうちに壊れると思うので、この台はなるべく使わないようにしよう。
    使い始めればそれなりに便利なのだが、IMEとキーボードを手動で切換える必要があり、IMEは入力欄の長押しで切り替えられるのだが、キーボードの切換えは専用のアプリで行う必要があって、使い勝手がイマイチ。ひらがなから全角カタカナの変換がサポートされておらず、一度スマートホン本体の変換候補一覧から選択すると辞書に学習される。

    GaraxyS2のコマーシャルではエスキモーや運転中のドライバーが音声入力で使う場面が紹介されていたが、インターネットの検索では非常に高精度に日本語を認識してくれる。
    しかし、ぜひ欲しいBluetoothヘッドセットの音声発信機能がサポートされていない。これは本体側の電話アプリの対応がないためで、ぜひ改善して欲しい。
    それができれば、スマートホン本体を鞄に入れたまま、「発信 自宅」などとヘッドセットにしゃべるだけで自宅に電話がかけられる。

    電子書籍もスマートフォンの楽しみの一つだ。
    早速一つダウンロード購入してみた。
    文字を読むのは全く問題なし。ただ、挿絵が変なところに半分切れて表示される。スキャンのしかたが悪いのだろうか。次はグラフィックの多い雑誌に挑戦して見よう。

    ワンセグは非常に綺麗で、ブロックノイズも少ない。画像の補間処理が優秀なのだろう。
    もっとも、電車の中ではほとんど見ることはできない。

    ハイキングに持参してコンパスと地図替わりに使った。GPSの感度は良く、GPSボタンを長押しすると現在位置の追従モードに入る。ただし、地図アプリでは地図が自動的に自分を中心にスクロールせず、放っておくと地図上から自分がいなくなる。ナビアプリを使うのが正解のようだ。

    パソコンではいつもソリティアで遊んでいるので、無料のアプリをダウンロードしたら、画面上にコマーシャルのバナーがどかっと表示され、スパイダーソリティアなんぞはデックが隠されてゲームができない。近くをなぞっただけで毎回ホームページが表示されるなど、頭に来て即アンインストールしたが、要は数百円払って有料版を使えと言うことだろう。
    四人打ち麻雀Hobo Kingをセットアップ。この小さな画面でどうなるかと思ったが、うまく工夫されていて、小さな小さな麻雀牌を選んで捨てることができる。ただ、一番左の牌を処理しようとするとうまく認識されないことがある。ブラウザのように画面の拡大縮小ができるといい。一度はリーチをかけてフリテンでもなく、相手があがり牌を捨てたのに無視されたことがあった。
    ゲーム用にはスタイラスペンが必要かもしれない。

    FMラジオを聴きたかったのでRADIKOをセットアップ。spモードの位置情報送信許可でとまどったが、無事ラジオを聞けるようになった。音質はちょっと固めで上下の帯域が絞ってある感じ。当然、ラジオをガンガン聴けばパケット代は上限に張り付くことになるが、来月からはパケホーダイフラットに切り替わるので、遠慮なく聞きまくろう。

    今日見たスマートホンのニュースアプリでは全世界のインターネットの通信量がデータセンター間の通信料の増加に伴って「ゼタ」バイトに近付いているそうだ。「ゼタ」は「キロ」「メガ」「ギガ」「テラ」「ペタ」「エクサ」の次の単位だ。
    | 遊児 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode