Page: 1/1   
パーフェクト スカウト ハット ケース
0
    ハットケースを作りました。
    正直言って、ベレー帽に慣れた身には、ハットは大きくて邪魔なしろものです。

    スカウト時代にはハットが当たり前で、ハットを被らない自分が想像できないくらいでした。
    班員のハットは雨に濡れ、炊事のうちわ替わりに使われてヨレヨレになるのが当たり前で、上班の身としてはかっこ悪いので、ハットのつばにロウをたらしてからアイロン掛けして、カチンカチンに固めて被っていました。
    しかし、ロウで固めたハットは白くなったり黒くなったりしてまだら模様で、それが次第にひび割れて来る始末で、シニア(当時のベンチャースカウト)にあがる直前は、副帽のアポロキャップばかりを被っていました。

    スカウトの制服が新しくなり、ハットが復活し、副帽がなくなりました。
    そうなると、常にハットを持って歩かなければならなくなり、また、あのヨレヨレのチューリップハットが出現する可能性があります。
    そこで、ハットの形状を保ち、いかなる輸送にも耐える完璧なハットケースを作ってみました。材料はベニヤ板とプラスチックのバケツ、バンドとマジックテープなどです。
    ハットのつばを挟み込む部分はベニヤ板で、頭頂部の保護部分は近くのホームセンターで買った200円の浅底のプラスチックバケツを切断したものです。

    上の写真が完成形です。
    手前が手に持って搬送したり、フックに掛ける部分で、奥側は立てて置くときの自立を考慮して角を落としていません。

    交差しているベルトの先端に付けたマジックテープ(ボードの裏側)をはがした状態。
    この状態で、緑のトップカバーは白く見えるマグネットキャッチで保持されています。

    トップカバーを外した状態。
    中にハットが入っています。手前側のボードのつばの部分の内のりが必要以上に広がっているのは、ハットを取り出す際にボードをちょうつがい部分から開いたときに、ハットの上面に対して十分なクリアランスを得るためです。

    つばの押さえの上面をあげた状態。
    頭頂部に干渉しないように穴がくってある。

    保護ベルトとトップカバーを外し、上面パネルをあけて、ハットを取り出す状態。
    ハットは完全に保護されており、形状も維持されている。
    下面パネルの奥側は三重構造になっており、中間の間隙にハットのつばを差し込むようになっている。
    上面パネルも二重構造になっており、ハットのつばをはめ込むように段差を設けている。

    トップカバーを被せた状態でわずかな隙間ができている。
    今後、この部分をカバーする「つば」を取り付ける予定。
    トップカバーの仮固定用に二箇所のマグネットキャッチを取り付けてある。

    トップカバーにベルトがかかる部分には切れ込みを入れて、ベルトがずれないようにした。

    ベルトは背面パネルの裏側の下部で、壁面ステープラーで固定し、上部はマジックテープを貼り付けてある。

    この状態であれば、他の装備やテント類と一緒に搬送することができる。
    とりあえず、この状態で当初目的としたオートバイのタンデムシートに載せて、ゴムベルトで固定して搬送することが可能となった。
    今後も改善する予定。
    〜澗里遼豹紊魯乾濛泙吠颪燹
    ▲魯奪箸離譽ぅ鵐バーは一番安いシャンプーキャップが最適。
    洗濯のりを染み込ませての形状維持は今後実験予定。
    ぅ蹈Δ鮖箸辰討侶曽維持は非推奨。
    続きを読む >>
    | 遊児 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    テントも替えた
    0
      JUGEMテーマ:趣味
      テントはCampers Collectionのプロモキャノピーテント5。
      tent5
      まだ箱から出していない。
      大きさは申し分ないが、ポールの強度と生地の薄さが少し気になるところ。
      年に数回のファミリーキャンプ用と割り切って、選択。
      以前のドームテントはかなりハードに使った結果、防水が完全になくなり、ポールのテンションコードも切れた。
      テントを使った後は必ず徹底した乾燥と手入れが必要。
      | 遊児 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      行うことによって学ぶ
      0

        2011年10月2日の横浜第79団カブ隊の隊集会テーマは「基礎訓練」だった。

        この中で、「なぜ整列するか」についてゲームでの展開をはかった。

        スカウト全員が目を閉じ、各組のデンリーダーが、組の中から一人のスカウトを選び、彼のキャップを曲げたり、ネッカチーフの向きを変える。

        リーダーの合図で、スカウトは目を開け、誰のどこが変わったかを発見したらその場に座る。早く全員が座った組の勝ちとする。

        というゲームを、スカウトがばらばらになった状態と、整列した状態で行い、整列することによって、スカウトの存在や異常にいち早く気付くことができるという実習を行うつもりだった。

        しかし、実際にゲームを実施すると、カブスカウトたちはこのゲームを「異常を早く発見する」ゲームではなく、「とにかく早く座る」ゲームとして認識し、リーダーが合図して目を開けたとたん、その場に座るスカウトが数多く見られた。

        中にはデンリーダーがいたずら心を起こして、どこも変えていないのに、座ってしまうスカウトもいた。

        どうすればよかったか?

        異常を発見したスカウトデンリーダーのところに行き、誰の何が変わったかを申告し、正しければデンリーダーの後ろに並び、違っていたら元の場所に戻るようにすればよかった。そうすれば、「早く座る」ゲームではなく、「異常を発見する」ゲームになる。

        スカウト達はなぜ、「早く座る」ゲームと認識したのか?

        彼らは日常の学習で、結果を得ることを主体に思考回路が組み立てられている。「異常を発見する」ことはこの場合、結果ではなくそれに至る「条件」であり、「早く座ること」がチームの成績を決定する結果となった。そして、安直にその結果を得るために、条件である「異常を発見する」ことをすっとばしてしまった。恐らく彼らのズルを指摘しても、彼らは見つけたと言い張る。それをうまく回避するためにはデンリーダーによる回答の検証が必要となる。

        このときは、時間もなく、ゲームにこだわらず、「整列することの意義」を説明することが目的であったので、言葉による説明に切り換え、スカウト達も少しは納得してくれた。

         

        何事によらず「行うことによって学ばせる」プログラムを展開するために、性急に結果を求めず、スカウト達が失敗を通じて自ら学ぶことを、指導者は時間をかけて待ってやる必要がある。

        この場合も、改善案のようにデンリーダーによる回答のチェックを行うことで、スカウト達はゲームの目的である異常の発見に取り組むこととなり、何度かは失敗も経験する。また、正解者が離脱することで、残ったスカウトはいよいよ真剣に観察する状況が生まれたと思う。

        | 遊児 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        虫の知らせのこと
        0
          今さらだけど、やっぱり虫の知らせは当たっていたようだ。

          地震のとき、家にはカセットガス発電機や水の入ったポリタンク、ガスカートリッジやガソリンを使う照明器具やコンロ、簡易トイレなど一応の備えが出来ていて、たまたま帰郷していた息子は停電の夜をガスランタンと友人が手作りしてくれた電池式LEDランタンで過ごしたそうだ。

          念のため、燃料系の備蓄を倍に増やし、ポリタンクも20リッターの空気ポンプ式シャワーが使えるものと、4リットルの灯油用のものを用意した。
          これらを総動員すれば、少なくとも2週間はライフラインが切断されても対応できると思う。

          この地震は日本人の心に間違いなく変化をもたらすものとなると思う。
          次第に情報がバーチャル化され、携帯電話やパソコンからの情報の比率が大きくなるにつれ、私達は身の回りの現実(リアル)への関心を失ってきた。
          見かけ上幾重にも積み重ねられた安全対策は逆に危険への感性を鈍らせ、見たくないものを見ず、聞きたくないものを聞かなくなっていた。

          列島中がパニックともいえる生活防衛に走ったのは、見たくないものを見せられ、聞きたくないものを聞かされてどうして良いか分らなくなったためだと思う。
          一方で、義捐金などのある意味バーチャルな支援は急速に立ち上がったが、実際に被災地のゴミや被災者そのものが自分の生活圏に現れるとヒステリックな反応となって現れる。計画停電で自分の生活に影響がでると不平不満が吹き出す。

          多くの人はそこから多くのことを学んだと思う。
          他に依存するのは危険であり、今までより自立することを考えなければならない。
          安全管理の基本は「自分の身は自分で守る」である。

          間違いなく「次はこちら」なのだから。
          | 遊児 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          虫の知らせか?
          0
            言い伝えに「虫が知らせる」と言う。
            ここのところ、やけにアウトドアグッズが気になる。
            カセットガスのアウトドア用のストーブや、水を保存するためのポリタンク関連のアクセサリーが欲しくなったり、コールマンのツーバーナーやらツーマントルの保守がしたくなったり、それら用の部品だのアクセサリーだのランタン類のカートリッジやマントル、アウトドア用の簡易トイレまで購入している。
            この真冬にキャンプでもあるまいし、何でかなと思っていて、ふと思い当たった。
            これは虫が知らせているのではないだろうか?と。

            つい先日もある説明会で、「もうすぐ大きな地震が起きますが、そのとき必ず役に立ちます」なんて話をした。
            南半球では大雨で大変らしいが、こっちも用心用心。
            | 遊児 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            蚊に刺された場合
            0
              蚊に刺されたらどうしましょう?

              いろんな説があります。
              「腫れたところに爪で十文字の印をつける」
              「蚊の毒は44℃で中和されるので、刺されたところを熱くする」
              「刺されたところにセロテープを貼る」
              「刺しているときに叩き潰すと針が残ってかえって痒くなるので、満足するまで吸わせる」
              「刺しているところを見つけたら、そこの筋肉に力を入れると針が抜けなくなるので、捕まえてつぶす」
              などなど。

              人の血を吸う蚊はお腹に卵を抱えたメスのみで、産卵の為の栄養を取る必要から動物の血を吸うそうです。蚊の本来の餌は草木の汁や露なのだそうです。
              血を吸うとき、唾液を出して刺された痛みを感じないようにするのですが、この唾液が空気に触れるとアレルギー反応を起こして痒みを引き起こすと言われています。このアレルギー反応は主に患部周辺にヒスタミンと言う物質が分泌されることで引き起こされるため、抗ヒスタミン軟膏などが有効でしょう。
              しかし、子供は痒みを我慢できないために刺された場所をかきむしってしまいます。ましてや子供の手はいろいろなところを触るので清潔でない場合が多く、特に爪の間に汚れが溜まっていると、そこから雑菌が侵入してトビヒなどの皮膚疾患に悪化する場合があります。
              同じ理由で「爪で十字をつける」ことや「刺されたところを絞って毒を出す」のはお勧めできません(ブヨや蜂に刺されたときは毒を出すために注射器型のリムーバー=吸出し器を使用するのがお勧めです)。
              「44℃に加熱して毒を中和する」という説を最近知りました。
              実際に患部を加熱して痒みを消去する「機械」が販売されていると聞き、興味を持ったのですが、中国製の「IchiZapper」なる五千円以上もする機械が通販サイトで過去に販売されており、現在は取扱い停止になっていました。
              蚊取り線香の会社のサイトなどには患部を冷やせとも書いてあり、44℃加熱説はちょっと眉唾な感じがします。
              実際、44℃なら少し熱い風呂の温度ですが、風呂に入って蚊に刺された痒みが瞬間的に消えたという覚えはないように思えます(ダニに刺された痒みは風呂に入るとかえってひどくなった覚えがあります)。
              セロテープ説は面白いですね。
              テレビの番組でも裏技として取上げられたそうです。
              刺されてすぐならセロテープを貼って空気と唾液との接触を遮断し、思わず爪でかいても患部に刺激がないようにする効果がありそうです。
              ただ、なかにはセロテープを貼っただけで逆に蚊に刺されなくとも痒くなる人もいるそうで、汗かきの子供ならかぶれることもあるかもしれません。
              他に手段がないときの応急措置と考えるべきでしょう。

              まず、野外で活動するときは虫除けスプレーなどの忌避剤を使用して予防しましょう。
              蚊は人間の呼気や体温、汗の臭いを感知して近づいてきます。侵入してくるのは襟元、袖口、足元ですから、そのあたりに集中的に吹き付けておきましょう。ただし、あまりべっとりと付けすぎるとかえって皮膚に悪いそうです。
              ウエットティッシュタイプのものは効き目は弱いそうですが、効果があったように思います。
              なるべく長袖長ズボンで、足首の隠れる靴下を履きましょう。
              もっとも子供は暑がってすぐに脱いでしまうでしょうから、どうしても多少刺されるのはしかたがないですね。
              刺されたら掻き壊す前になるべく早く抗ヒスタミン軟膏を塗って、通気性のある絆創膏を貼っておきましょう。痒み止めパッチなども効果的だと思います。
              まぶたや口元をやられるとちょっと可哀そうですね。でもこれは我慢するしかないです。
              子供には常に爪を切り、手を洗って手を清潔にしているように指導しましょう。
              | 遊児 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              悪天候ハイク
              0
                この週末の日曜日、「悪天候ハイキング」で金沢自然公園周辺に行きます。

                どうも予定通りの「悪天候」になりそうです。

                ところで、この間、渋谷のアウトドアショップにレインスーツを見に行きました。
                今持っているゴアテックスの雨具があまり水をはじかなくなったので、買い換えようかなという思いもありました。

                そうしたら、店員さんが言うには「ゴアなら良く洗濯して、すすぎを一回多くして、低い温度でアイロンを当てると復活しますよ。」との事。

                念のため、ゴアテックス用の撥水スプレーを買って帰りましたが、さっそく雨具の復活を試してみようと思います。

                それなりのレインスーツを買うと上下で3万〜6万ぐらいするのですが、撥水スプレーは1500円でした。
                | 遊児 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ウッドクラフト
                0
                  スカウティングの特徴をなす大きな要素に「進歩制度」「班制教育」そして「野外活動」があります。
                  この「野外活動」ですが、その教育的意義についてはなかなかうまく説明できませんでした。
                  レクリエーションであり、自然観察であり、信仰への入口でありなどと説明されますが、いまひとつピンときません。
                  そんなときは、スカウティングの創始者であるベーデンパウエルが書いた「スカウティングフォアボーイズ」にもどれ、というのが私の実感です。
                  先日、その件で大きなヒントを得ました。
                  野外活動の本質は「ウッドクラフト」であり、それはスカウティングの一要素ではなく、基本そのものつまり「背景=バックグラウンド」であるというものです。
                  そこで、スカウティングフォアボーイズでウッドクラフトに触れられている部分を思い起こしてみると、そこでは技能としての「木工」や「野外生活技術」以外にもっと大きな意味が含められているようです。
                  結論から言えば、自然を「未知の、制御できないもの」として受け入れ、いかにそれに対処するかという内容の全てがウッドクラフトと言う言葉に含まれるのです。そのためには「観察し、法則を見い出し、それを実践的に応用する」ことが必要となります。
                  ベーデンパウエルはその「最後のメッセージ」の中でも「自然研究」という言葉でウッドクラフトに触れています。

                  未知であること、制御できないものであることが重要なのです。
                  「荒野」こそが青少年を鍛える絶好のグラウンドなのです。

                  今、スカウト活動はそうした初心を忘れ、ただ安全で過去に何度もやったようなプログラムの繰り返しになっていないでしょうか?
                  管理されたキャンプ場で、一般のキャンパーと同じようにバーベキューをやる程度のキャンプになっていないでしょうか?
                  | 遊児 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  あけおめ
                  0
                    なんてことをやっているうちに、年が明けてしまいました。

                    あけまして、おめでとうございます。

                    バブル期を越える株価に景気は過熱気味となり、通学路や塾の教室で子供が殺され、官僚達や一級建築士、会計士などのモラルは崩壊し、テロはなくなるどころか日常化し、傲慢な隣国の脅威がひたひたと迫ってきた平成17年。

                    我が家にはそれぞれに人生の不安を抱えた子供達がおり、親であるこちらも人生の後半戦に入って、精神的にも肉体的にも変化(劣化?)を感じる今日この頃です。

                    でも、私は希望を持っています。
                    それはボーイスカウト活動を通じて多くの子供達とその若い親に触れ、彼等が社会の正義を信じ、自らを人格的に高めようとする姿を見ているからです。
                    堕落の誘惑は常にあります。
                    ボランティア活動であるこの活動では、ひとこと「忙しい」と言ってしまえば、それで多くの責務から開放されますが、それをせず、努力する姿がそこにあります。
                    真の意味でのリスクマネジメントの実践的訓練がそこにあります。

                    スカウト活動にはどなたでも参加できます。

                    あなたもいかがですか?
                    | 遊児 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    Calendar

                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << May 2019 >>

                    Profile

                    Search

                    Entry

                    Comment

                    Archives

                    Category

                    Link

                    Feed

                    Others

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    Mobile

                    qrcode